会社案内

代表からのご挨拶
Greeting

代表取締役 藤田正人
三方良し

 皆様“工場メンテ365”で愛され、メンテナンス60年の信用を基に、さらに総合エンジニアリング会社を目指して進んでおります大平電機でございます。当社は経営理念として、“三方よし”を経営理念に掲げ、お客様から最初に選ばれる総合エンジニアリング会社を目指しております。

 そして全員が“いい人、いい会社になろう”を、合言葉に、一人一人が、人間としての質を高めるよう日々研鑽致しております。

 これまで培ってきた経験と技術力によってお客様の不便、不満、不安、不具合を安心と満足に変え、お客様とともに長寿命と効率化をテーマとしたオリジナル工場設備・生産設備を創造して参ります。

理念
スタッフ

会社概要
profile

商号
株式会社 大平電機
所在地
京都府綾部市井倉新町南大橋17番地の2
電話
0773-42-0888(代表)
創業
昭和29年6月1日
設立
平成元年5月1日
資本金
2,000万円
従業員数
18名 平成28年2月現在
役員
代表取締役 藤田正人
取締役常務 藤田利樹
取締役 藤田陽子
取引銀行
京都銀行 綾部支店
京都北都信用金庫 綾部中央支店
有資格
  • 1級電気工事施工管理士
  • 1級計装士
  • 2級電気工事施工管理士
  • 2級菅工事施工管理士
  • 2級土木施工管理士
  • 第一種電気工事士
  • 特殊電気工事士(非常用予備発電装置工事)
  • 消防設備士甲Ⅳ類
  • ガス溶接アーク溶接
  • 2級建設業経理事務士
建設業許可
  • 電気工事業 京都府知事許可
    特-27 第28399号 平成28年1月8日
  • 管工事業 京都府知事許可
    般-27 第28399号 平成27年8月4日
  • 機械器具設置 京都府知事許可
    般-27 第28399号 平成27年8月4日

本社工場
大平電機社屋画像
拠点
第一センター 京都府綾部市宮代町前田1番地の1
第二センター 京都府綾部市井倉新町南大橋9番地の3
第三センター 京都府綾部市延町野上畑30番地の1
福知山営業所 京都府福知山市土師新町4-1-9-3
関連会社
エコリンク 京都府綾部市井倉新町南大橋17番地の2

会社の沿革

1954年6月
(昭和29年)
藤田正二(初代代表取締役)が京都府綾部市本町6丁目に大平電機工業所を創業
●自動車の電装品を中心に修理業を始め、以降、一般の回転機モータの修理も手広く手掛ける。
1957年9月
(昭和32年)
綾部市本町8丁目に移転

1964年
(昭和39年)
同上工場建設(敷地82m2)

1978年9月
(昭和53年)
同綾部市宮代町に工場を建設し移転(敷地660m2)
●自動車、電装品修理、モータ修理、電動工具修理
1989年5月
(平成元年)
株式会社大平電機に社名変更 資本金1000万円
●大型回転機を中心に、受電設備、設計設備等の電気工事や生産 設備機器の制御盤の更新まで業務を拡大
1989年9月
(平成元年)
制御盤の製作工場を建設
●大手メーカーへのメンテナンス、制御盤の設計・製作を多数、受注。
1992年6月
(平成4年)
第二工場建設(現在第二センター)

2002年8月
(平成14年)
藤田正人代表取締役に就任

2005年9月
(平成17年)
本社工場棟建設(敷地1,155m2 現在第一センター)増設
●大手メーカーの認定メンテナンス会社として全国の納入機器のメンテナンスを実施。メーカーレベルの技術力でお客様に喜ばれている。
2008年9月
(平成20年)
福知山営業所を建設

2009年3月
(平成21年)
環境マネジメントシステム<KES STEP2>取得

2015年3月
(平成27年)
新本社工場 総合事務所棟を綾部市井倉新町南大橋に建設。(敷地2,678m2)
事務所・工場規模を拡大し大型モータ修理設備、メーカーレベルの試験設備。
2015年6月
(平成27年)
旧本社工場を在庫センターに変更(第一センター)
トップクラスのモータ・インバーター在庫
2015年9月
(平成27年)
エンジニア棟(開発及び制御盤製作)建設

2016年1月
(平成27年)
資本金を2,000万円に増資

目標・取組み
effort

大平電機の目標

1000年企業
大平電機のメインツリー



『大平電機のメインツリーです』

イチイの木は長い間、雨風や雪に耐え、1500年以上も生きる寿命の長い樹であります。



大平ブランドを目指して



 “お客様に選ばれ、最初に電話をいただける価値ある企業”を目指して、 私たち大平電機は、自らを成長させお客様の期待を超える仕事をさせていただけるよう、日々努力を続けています。


邂逅

全員参加の事業運営〔企業は人なり〕

社内研修(人材育成プログラミング)

社内の技術情報や課題を共有し、全員で議論をし、課題解決に努めております。
大平電機の理念に基づき
(1)社員としての必要なモノの考え方や知識・管理スキルの向上を図る
(2)お客様とのコミュニケーションスキルの向上を図る

会議室

技術スキルアップ研修

大型のメンテナンスプロジェクトや突発の故障対応等を確実にこなし、 お客様の生産設備を止めることなく安心・安全に作業をしていただくために、 技術スキルアップ研修を行い全員のチームワークで最高のサービスを提供することを心掛けています。

経営目標の共有化

中期経営目標を全員で共有し
" 顧客満足の向上 "
" 大平電機ブランドの構築 "
" お客様目線での業務管理の徹底 "
" 人の育成 "
の視点で、取組アクションを全員で推進しています。

社員

環境への対応environment

KES(ステップ2)の継続的な環境活動の実施

『KES』は環境マネジメントシステムの企画です。特に『ステップ2』は 国際的規格であるISO14000と全く同じ水準で承認されており、株式会社大平電機は2009年に認証取得しています。
環境マネジメントの継続的改善で、職場環境を改善し、社会貢献の実践と共に経営力の向上を図っています。

環境活動1
環境活動2

kes

子育て支援Child-rearing

育児休暇・育児短時間勤務

勤続1年以上の者に対し、育児休暇・育児短時間勤務をとることができます。